外壁塗装業者に工事を依頼するとき、ほとんどの人がどこに依頼して良いかわからないと感じるはず。

そんな人におすすめなのが、「ヌリカエ」。

  • 一人では不安だからアドバイスしてくれる人が欲しい
  • はじめて外壁塗装を依頼するけど、高額になるから心配
  • 外壁塗装の知識がなく、見積もりの妥当性がわからない

親身になってくれるアドバイザーがいるから、あなた一人で迷い悩むことはありません。

外壁塗装業界に見る悪徳業者の手口

  1. 点検商法に注意
  2. 被害事例1
    無料で外壁と屋根を点検しますよ」と言って、業者が家を訪問してくることがある。

    無料ならと思って点検をお願いすると、点検後に「屋根に亀裂があって、大雨が降ったら水がしみ込んで屋根が腐る」と言うので、その場で補修工事の契約をしてしまった。

    調べてみると、相場よりだいぶ高い金額であることが判明した。

    これは「点検商法」と呼ばれ、一人暮らしの人や高齢者が被害にあうケースが目立ちます。

    不安をあおり「すぐに工事をしないと家が腐る」などと言って、相談する時間や調べる時間を与えないのです。

    床下や屋根など、居住者が確認できない箇所が狙われるケースが多く、中には写真を撮ったと言って、他人の家の被害状況を見せる業者まで存在します。

    どんなに不安をあおられても、決してその場で判断・契約せず、別の業者の意見や業界に詳しい人にも意見を聞いてみることが大切です。

  3. キャンペーン商法もあり
  4. 被害事例2
    「今、キャンペーンをやっていて、先着5名まで30%引きです」というチラシが自宅のポストに入っていたので連絡してみた。

    すると、すぐに営業マンが家に来て「絶対にお得ですよ。残り1名です。」と言って、すぐに契約を迫ってきた。

    見積もり書ももらったけど、残り1名と契約を急がされて値段や内容の妥当性が判断できないまま契約してしまった。

    これは「キャンペーン商法」といって、期間や人数を限定してお得感を煽るものです。

    しかし、実際は普段の価格と変わらないケースや、キャンペーンの時だけ元々の定価を高くし、割引して安く見せかけるケースも多くみられます。

    こちらのケースも、点検商法と同様に考える時間を与えないで契約を迫るのが特徴です

    一般人は外壁塗装工事の相場がわからないので、本当に割安かどうかの判断ができないのです。

    この場合も、業界に詳しい人に相場や工事内容の妥当性について相談したいところですが、多くの人は相談すべき相手がいないのが実情です。

    そのようなときは、ヌリカエのアドバイザーがあなたの立場になって相談に乗ってくれます。